夏のご挨拶なら、はんこ屋さん21にお任せください!

暑中見舞い用バナー20170614
 

 

豊富なデザインからお選びいただけます

フルカラーのカラフルなモノから、シンプルな文字のみのモノ、定型デザインから完全オリジナルのデザインまで幅広く承ります。

暑中絵柄

 

店でデザインだから自由度が高い

定型のデザインでも「ちょっと付け足したい」とか「これは外してほしい」もご対応しますし、お持込みの手書き文書をもとにした作成も承っています!

印刷するハガキも私製ハガキ(切手を貼るタイプ)、郵便ハガキ(切手が印刷されているタイプ)、「かもめ~る」等いろいろご用意出来ます。

 

お持込みのイラストや写真も取り込めます

tegaki-500x335

趣味で描いたイラストや写真、例えばお子さんが描いた絵や書道の文字などお持ちいただければ、オリジナルの暑中見舞いをお作りします。

企業様だとロゴや地図、商品の写真、キャラクターなどもお入れ出来ます。

また、はんこ屋さん21では筆耕師による宛名書き宛名印刷サービスなども承っております。
詳しくはこちらのページへ

 

その他、ご要望やご質問、お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせフォームはこちら! 

 

 

夏のご挨拶を送ろう

暑中見舞いや残暑見舞いは、 お世話になった方や頻繁に会えない知人に、夏の暑さに対して健康を気遣うとともに、近況報告を行う季節のご挨拶です。

特に引っ越した方、結婚した方、お子さんができた方等、生活に変化があり、その事でお知らせしていない方などは、このタイミングでお知らせするのがいいでしょう。

企業や事業所、お店の方は、夏期休暇(お盆休み)や夏のセール、キャンペーン等をお知らせする事が多く、季節のご挨拶を含めたDM(ダイレクトメール)の側面もあります。

メリット1メリット2メリット3
 

メールやSNSで手軽に連絡ができる現代だからこそ、アナログな暑中・残暑見舞いには「重み」があります。「わざわざはがきをくれたんだ」と感じるので、受け取った人に好印象を持っていただけるでしょう

 

暑中・残暑見舞いを送ると、受け取った相手に心地よい親近感を持っていただき、人間関係を深めるのに役立ちます。普段よく顔を合わせている上司や同僚に送れば、「はがきで想いを伝えてくれた」と喜んでもらえるでしょう。

 

暑中・残暑見舞いを送ることで、「礼儀を大切にする丁寧な人」という印象を持ってもらえます。メールで済ませる人が増えているだけに、「あなたを大切にしています」という気持ちが伝わり、他の人との差別化につながります

 

暑中見舞いと残暑見舞いの違い

暑中冊子2017

暑中見舞いか残暑見舞いのどちらしだしたらいいかは、ハガキを出す時期で変わります。一般的には、

  • 暑中見舞い:梅雨明けから立秋の前日まで
  • 残暑見舞い:立秋以降8月末までというのが一般的です。 

 

印刷価格

通常料金

     枚数黒1色印刷フルカラー印刷
1~30枚1,728円(税込)       3,132円(税込)
31~40枚1,944円(税込)3,456円(税込)
41~50枚2,160円(税込)3,780円(税込)
91~100枚3,240円(税込)5,292円(税込)
141~150枚4,320円(税込)6,642円(税込)
191~200枚5,400円(税込)7,992円(税込)
291~300枚6,480円(税込)10,687円(税込)

※はがき代は別料金になります。
※定型のデザイン・文例以外のオリジナルデザインの場合は、別途データ作成料が発生致します。

※宛名書き、宛名印刷は別料金になります。

 価格表に乗っていない枚数の料金につきましては、店舗までお問い合わせ下さい。

 

基本納期

中3営業日

お急ぎの方はご相談ください!!
注文状況にもよりますが、翌日お渡しが可能な場合がございます。
※枚数や注文内容にもよります。
※店頭での受け渡しとなります。

 

このページのTOPへ