個人印
  

個人印鑑の種類

個人用で使われる印鑑の種類は大きく分けて、認印銀行印実印の3つがあります。
それぞれ用途が異なる為、分けて作成することをオススメしております。
詳しい個人印のページはこちら

みとめいん

 認印
日常的な書類に用いる判子で、実印や銀行印として登録・届出をしていないものは全て『認印』扱いとなります。書類や契約の内容を「承認した」上で捺印した”という証明になるので、捺印の際はきちんと内容を把握した上で行いましょう。

認印のページはこちら

ぎんこういん 銀行印
銀行などの金融機関にて登録・届出をした印鑑が、即ち『銀行印』の役割を持つ判子となります。銀行や郵便局、JAなどの通帳開設時の他、保険や証券などの契約時など金融機関の出納に使用するとても重要な印鑑です。
じついん実印
市区町村役所にて印鑑登録を済ませ、印鑑証明を受けた判子を『実印』と呼びます。金融機関とのローンや、借り入れの契約・土地や建物の売買契約・会社設立・その他公文書作成などに使用するものとなります。認印と違い法的な効力を持つとても大切な印鑑です。

 

 法人印
法人印の個別ページはこちら

法人印の種類会社設立
印影の種類
法人印価格

swf_5手彫り印鑑の個別ページはこちら! 

1-チタン印鑑個人メイン1チタン印鑑の個別ページはこちら